家飲みしましょ+

基本家飲み、時々外飲み、たまに旅行、少しクリエイティブな生活も

沖縄旅行@読谷村<持ち帰り&お弁当編>

今回は、読谷村の、ワイン&スイーツのお店と、地元のスーパーをご紹介します。

 

ワイン店 un deux trois  さん

https://r.gnavi.co.jp/41zyj8g90000/?sc_lid=rp_globalnav_shopdetail#_

f:id:greencotton:20190522202417j:image

 

私は、レモンタルトと、ワインを購入し持ち帰りました。

 

レモンタルトは、大人の酸っぱさの味わいで、ワインにもあいます! 

 

ワインは、少し発泡している赤で、フランスの学者さんが作った赤ワインなんですって🍷!

 

私達みたいな、お酒上級者になると😏!?(お酒上級者が、ポイント👆ワインに詳しい訳ではありません😆)

そう言ったプチ情報をもらうと、更に美味しくお酒が頂けます。

丁寧に相談に乗っていただいて、美味しいワインが買えました🍷

ありがとうございました。

 


f:id:greencotton:20190522202615j:image

f:id:greencotton:20190522202619j:image

ガラス張りの開放的な雰囲気のお店。

持ち帰りだけでなく、店内で、デザートを食べながら、ワインも楽しめます。

 

 

 

 

次は、地元のスーパーをご紹介します。

 

池城ストアーさん

f:id:greencotton:20190525221339j:image

こちらは、朝早くから、夜遅くまで

営業している、大変有り難いお店。

お弁当やお惣菜も、とってもリーズナブル!

 

沖縄そばも、持ち帰りできるのは、すごい!とおもいました。流石に、おそばは、お店の前の公園で、さっくり頂きました^_^

 


f:id:greencotton:20190525221414j:image

f:id:greencotton:20190525221418j:image

優しいお味の沖縄そば

お弁当、ドリンクは、クーラーバッグに入れて、ビーチに持って行ってたべるのがオススメです👆

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 

使い勝手の良い、持ち帰りのできるお店は、旅行者にとって大変便利!

 

そして、わたしの旅行のテーマである

『暮らすように、旅をする』

の強力なサポーターです!

 

次回は、お土産編に続きます。

沖縄旅行@読谷村<ディナー編パート2>

f:id:greencotton:20190517160901j:image

沖縄ディナー編パート1に続きまして、パート2では、イタリアンのお店を紹介します。

 

mintamaさん

https://s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47001302/

 

f:id:greencotton:20190517160733j:image

古民家を改装してできた店内は、明るく心地よい空間です。

 


f:id:greencotton:20190517160901j:image

f:id:greencotton:20190517161402j:image

まずは、前菜の白身魚のスカペッシュ。しっかり塩味がついた、白身魚がオリーブオイルと合います。それを、キンキンに冷えた白ワインで頂きます。

 


f:id:greencotton:20190519151901j:image

f:id:greencotton:20190519151857j:image

次に、しらすとアオサのピザは、パリパリ生地のピザに磯の香りとオリーブオイルがピッタリ!

パスタは、カラスミ海ぶどうのオイルパスタ。プチプチ食感と塩味のバランスgood!白ワインとも合い、スイスイ、飲んでしまいました。

f:id:greencotton:20190519152639j:image

デザートのティラミスも、クリーミーで、しっかり美味しいお味で、食事を終わらせられました。

 

 

次は、地元の人たちが通う。

肉の居酒屋肉バルNYさん

https://ny-meat-restaurant.business.site/

 


f:id:greencotton:20190519153617j:image

f:id:greencotton:20190519154230j:image

まずは、前菜のカルニタスと生ハム三種盛りをオリオンビールで、頂きます!

 


f:id:greencotton:20190519154750j:image

f:id:greencotton:20190519154744j:image

ステーキと付け合わせの野菜をシンプルにお塩でいただきました。

お肉も柔らかくgood!

 


f:id:greencotton:20190519155011j:image

f:id:greencotton:20190519155015j:image

あと、こちらでのオススメの食後のドリンクですが、大人の生搾りサワー。

グレープフルーツ、キュウイを頂きましたが、どれもさっぱりして、フルーティなので、ぐびぐび、のんでしまいました。

 

お店の方も、優しく、楽しくお話しもさせてもらいました。お客さんも常連さんが多く、わいわいした感じが、沖縄読谷っぽく素敵で、癒されましたー♪

 

どちらのお店も、美味しく、ゆったりできましたので、また、行きたいお店です!

ごちそうさまでした^_^

 

次回は、持ち帰り&お弁当編に続きます。

https://greencotton8.hatenadiary.com/entry/2019/05/26/133749

沖縄旅行@読谷村<ディナー編パート1>

f:id:greencotton:20190517085712j:image

沖縄に来たら、やはり居酒屋さんに行って沖縄料理食べたいですよね。

 

居酒屋 田舎者 さん

https://www.google.com/amp/s/s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47019011/top_amp/

 

こちらの居酒屋さんのお刺身盛り、(写真上)は最高に美味しく、コスパもgood!

地元の人なども来ていてほぼ満席でした!でも、席はゆったり配置させているので、ゆっくり食事も楽しめましたよ。お店の人も優しいし、のんびりした話し方が癒されるー♪


f:id:greencotton:20190517085949j:image

f:id:greencotton:20190517085641j:image

天ぷらもサクサクで、美味しい。

右のもずくの天ぷらは、サービスしてくれました^_^

 


f:id:greencotton:20190517085942j:image

f:id:greencotton:20190517085945j:image

白身魚とお豆腐の塩味の汁は、食べ応えもあるし、味も優しい塩味。

美味しい料理を泡盛の残波で頂きます。

残波を作っている酒造さんは、ここ読谷村にあるんですよ。

作りたて?なのか!?美味しかったです。

 

 

次に紹介するお店は、

居酒屋読谷物語さん

https://s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47000910/


f:id:greencotton:20190517092332j:image

f:id:greencotton:20190517092328j:image

店内のインテリアもお洒落で、棚に泡盛などが、ずらりと並んでおります。

食器も沖縄らしく、ほっこりしますね。

 


f:id:greencotton:20190517092904j:image

f:id:greencotton:20190517092900j:image

f:id:greencotton:20190517092908j:image

マグロのカルパッチョや、エビのサラダをオリオンビールで、頂きます!

沖縄のマグロは、新鮮で本当に美味しいです。島の野菜も味が濃い目です。


f:id:greencotton:20190517093124j:image

f:id:greencotton:20190517093117j:image

f:id:greencotton:20190517093120j:image

島ダコのわさび和え、豚肉の胡麻味噌漬け、などの郷土料理を泡盛の残波ソーダ割りで。

f:id:greencotton:20190517094626j:image

しめは、海ぶどうのソーメンちゃんぷる よもぎソース。

こちらの創作料理は、よもぎソースとそうめんの絡みが絶品で、海ぶどうもいい仕事していましたー^_^

 

 

 

2つのお店共にとても美味しく、ゆったりできました。お店に行くときは一度電話で予約してから行くと良いと思います。ごちそうさまでした。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 

おまけ。

読谷物語は、大きな道から、海岸の方に下ってしばらく歩くのですが、その間にサトウキビ畑がありまして、そこで星が綺麗に見えました。天気が良いと良いですねー♪

 

次回は、ディナー編パート2に続きます。

https://greencotton8.hatenadiary.com/entry/2019/05/19/160513

沖縄旅行@読谷村 <カフェ、パン編>

f:id:greencotton:20190512224109j:image

読谷村には、美味しいパン屋さんやカフェもありました。

 

カフェ&パン屋 水円さん。

https://www.google.com/amp/s/s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47007422/top_amp/

 

こちらのお店は、古民家を改装された、カフェです。インテリアは、ラスティックな感じのディスプレイが、心落ち着きます。

パンやスープのプレゼンテーションも沖縄らしさのある食器が使われていて、癒され、ゆったりした時間を過ごせました。

もちろん、持ち帰りもOK。

 


f:id:greencotton:20190512224413j:image

f:id:greencotton:20190512224408j:image

スープは、ピンクペッパー、香りの高いオリーブオイルが、上にかけられていて、しっかりハードでやや酸味のあるパンとの相性が、good!

食後のアイスチャイで、ほっこり。


f:id:greencotton:20190513214403j:image

f:id:greencotton:20190513214359j:image

f:id:greencotton:20190513214407j:image

森の中にある古民家カフェ。テラス席、畳席で、ゆったりできます。

もう一つパン屋さんを紹介します。

パン工房 おとなりや さん

https://s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47006842/

 

こちらは、持ち帰り専門のパン屋さん。しっかり目のパン生地に野菜、チーズなどをのせたパン、チョコレートを練りこんだパンなどを頂きました。

 


f:id:greencotton:20190515073047j:image

f:id:greencotton:20190515073053j:image

朝ごはん用に買ったり、お昼にビーチで食べたりするのもよいですよ。

読谷には、この他にもカフェやパン屋さんがありました。ほっこり美味しく、優しい感じのカフェをまた見つけたいです。

 

次回は、ディナー編パート1  に続きます。

https://greencotton8.hatenadiary.com/entry/2019/05/17/103127

 

 

 

 

沖縄旅行@読谷村 <ランチ編>

沖縄本島に行って来ました。
食べ物も美味しいし、海も綺麗、人も優しい!

家飲みで使えそうな料理にも出会えました^_^

今回は、読谷村に滞在したので、その周辺をご紹介しようと思います。
夏休みに向けて沖繩旅行を検討されていたら、最新の情報なので、お役に立てるかと思いますょ。

まずは、ランチ編をご紹介。

海の見えるそば家さん
https://s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47000629/

こちらは沖縄そばのお店です。
窓から海が眺められて、インテリアも白壁で、爽やか。
おそばの味もこだわっておられるようで、旨味のある、優しいお出汁。
お値段もお手頃です。


卵そば。優しいお味。


海が見える明るい店内。


オリオンビール美味しい。自家製ジンジャーエールなどもありました。




こちらは、読谷村の漁港に隣接している
海人食堂さん。
https://s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47020238/

港のすぐ横で、海を眺めながらお食事できます。テラス席あり。店内も広々してます。
メニューも写真付きで、わかりやすく、先に食券を買う、セルフサービス。

二階が食堂て、一階が市場になっていて、お弁当なども売っていました。


ミニ海鮮丼+ミニもずく丼+イカ汁セット。マグロは新鮮!海ぶどうの塩味とのバランスもgood!
イカ汁のイカは食べ応えのある大きさ。イカも柔らかく、汁は、ややまったりなので、塩味の海鮮をまろやかに包みます。


海鮮丼+あおさ汁 セット
海鮮が、沢山入っていて食べ応えあります。どれも新鮮で、美味しかった!
私の一押しは、やはりマグロと海ぶどうのコラボかなぁ。あおさ汁の塩加減もちょうどよく、食欲が、増しました!


私が行った日はあいにくの雨だったので、ガラガラで、その分ゆっくり食べれました。

ちなみに、ビールとノンアルコールビールは、食堂横の自販機で、売ってました。

次回は、カフェ&パン屋さんに続きます。

https://greencotton8.hatenadiary.com/entry/2019/05/15/100021

イナダのお刺身 vs 菊乃露泡盛特選古酒


新鮮なイナダのお刺身をゲットしまして、泡盛と共に頂いちゃいました。

そして、お得意の食べ比べ。

1.醤油とわさび
2.オリーブオイルと塩、胡椒
3.ごま油と塩、ごま

どれも、とっても美味しかったのですが、私的におススメは、ごま油、塩、ごまの組み合わせが、美味しかったですね。

そして、お刺身を食べた口の中にまだ味が残っている間に、泡盛ロックを優しく流し込むのは、至福の時^_^

お刺身は、日本酒が合うと思いがちでしたが、食べ方を「ごま油と塩」にすることによって、しっかり目の味になりますので、泡盛とも相性goodでした!

生めかぶ vs 獺祭 等外


旬の食べ物で、私が昨年から、注目していたのが、

"生めかぶです"

今の季節、スーパーなどで、見かけられ、五月の初旬までが旬と言われているようです。

では、今回は本当に簡単な食べ方をご紹介します!

まずめかぶの姿をご紹介
こんな感じ。これがパックに入って売っています。

材料

めかぶ 2パック
醤油
鰹節


作り方

1.めかぶをパックから出し、キッチンペーパーを敷いたまな板に乗せて、切る。

2.切り方としては、まず、茎と葉の部分に分けると良いです。
茎の部分は、固いので、薄めに切ると食べやすい。
葉の部分は薄いので、茎の大きさに合わせて、適当に切ります。

3.ざるにあけて、ぬめりが、少なくなるまで、洗います。
(4回ぐらい)

4.大き目の鍋いっぱいにお湯を沸かして、めかぶを入れます。

5.大体で1分ぐらいで、綺麗な緑色になるので、ザルにあけて、湯切りをして、粗熱を取ります。

5.お皿に盛り付けて、鰹節と醤油をかけて出来上がり!

6.ここまでが生めかぶの下処理なので、この後、醤油煮などすると、また別の味で、長く美味しく頂けます。

さてさて、生めかぶの湯通しに合わせましたのは

"獺祭の等外"

こちらは、お米の大きさがまちまちで、獺祭基準は、満たしてないけど、作り方は、獺祭wayを使ったお酒。

通常物より、200円ぐらいやすいかなぁ?でも、香りがありフルーティーで、旬のめかぶとの相性もよく、するする頂きました^_^

もし、スーパーなどで、めかぶに遭遇したら、是非買って調理してみてください!とっても美味しいです!